Free shipping for orders over 10,000 Yen.

分厚いお肉(大体1kg)の基本の焼き方

RSS
分厚いお肉(大体1kg)の基本の焼き方

分厚いお肉の基本の焼き方

分厚い肉の焼き方のコツとして、「フライパンをよく熱して強火で焼く」と言われていますが、この焼き方はお勧めしません

なぜなら、肉は70度で硬くなり、加熱しすぎるとパサパサで更に硬くなり、肉のタンパク質から肉汁と旨味が逃げてしまうからです。

お肉の中身の温度管理をしっかりして、「最後に焼き色を付ける」のが理想です。

1キロ以上のお肉は、なかなか火が通らないので、オーブンを使います。

表面を軽く焼いてからオーブンで火を通し、アルミホイルで包んで休ませてから、最後に綺麗な焼き色を付けましょう。

 以下のお肉が1kg以上の塊肉です

 
 

ホールミート基本のレシピ

お肉を解凍してから常温に戻す(約1時間〜2時間)
②オーブンを130度に余熱
③お肉に下味をつける(塩胡椒やステーキシーズニング)
④フライパンでオイルを熱し、お肉を入れて肉の表面に膜を作るようなイメージでサッと焼き付ける。(火を通しすぎないように注意)
フライパンは洗わずにそのままにしておく

⑤お肉の全表面の色が変わったらオーブンで約40〜50分焼く
温度計でお肉の中心の温度を確認

レア=42度
ミディアム=45度
ウエルダン=50度

(調理用の温度計があると便利です。ホールミートでは温度計も扱ってますので是非お使いください)

⑦焼きあがったら手早くアルミホイルに包んで約40分休ませる
⑧アルミホイルから取り出したお肉を強火のフライパンにかけ、お肉の表面全体にしっかりと焼き色を付けて完成!

レシピbyミナコ

前の記事へ 次の記事へ

  • Hana S.
カートに追加 売り切れ